scratch3日目【エンジニア日記:No.005】

サムネ用画像
入社5日目。

本日は昨日までに学んだScratchで個人制作を行い、午後からその発表となりました。

まだ実質2日しか習っていないScratch言語ですが、別にソースコードなどは書かなくてもアプリが作りこめるので簡単です。

なので午前中は黙々とアプリ制作に取り掛かりました。

どんなものを作っていたのかと言うと、15年以上前に流行っていた『面白フラッシュ倉庫』に出てきそうなゲームアプリです。

そんなこんな制作に没頭していると早くも個人制作発表の時間が。

班内で発表した後、班を代表した人たちでの発表会。

格闘ゲームや、推理系のゲーム、マリオみたいな2D風RPGなど個性溢れる作品を各々が作っていました。

Scratchを習った当初、私は少しこの言語のことを馬鹿にしていましたが、たったの3日間でこれほど色々作れるとは驚きです。

改めてこの言語の凄さを理解する事ができました。

ちなみに、クラスの人が作った作品の中で個人的に気に入ったのはScratchのマスコット的な猫がひたすら障害物を避けてタイムを競うと言うものです。

EscapeCat

勝手な紹介になりますが、この作品は公開されているので気になる人がいれば遊んでみてください。

Scratchはメールアドレスさえ認証登録すれば、簡単に自分の作ったアプリを公開できるので、それも魅力の内の一つですね。

実務としては役に立たない能力かもしれませんが、ここに来てScratchを知ることができて本当に良かったです。