命令実行の文(if・switch・for)【職業訓練:5日目】

サムネ用画像
職業訓練5日目です。

本日は、Javaの重要土台となる命令実行の文について勉強しました。

数の大きさを比較して選択させるMath.maxとMath.min

ランダムな数を生成するnew java.util.Random()
こいつを使えばサイコロだったり、簡単な占いのプログラムが実行できますね。

それからもっとも使う事になるであろう、
if文
switch文
for文
にも触れました。

条件の分岐を真剣に考えると、頭がだんだんこんがらがって来て大変ですね。
知恵熱で脳が沸騰しました。
早くこの3つの扱いに慣れないとな...

もう、授業の難易度が日を追う毎にどんどん高くなっていきます。
2~3日目の頃はまだまだ当分余裕とか思っていたのに、あっという間にこれですよ。
予習復習が大変です。

でも、命令実行のプログラムを書くと、ちょっとプログラム書いてる感が出て来て楽しいです。
まぁ、これが職場に変わったらもう見たくない!とかなるんでしょうけどね。
今の内に、Javaを存分に楽しんで覚えたいと思います。

では、また明日。